NPO法人 白十字在宅ボランティアの会

ごあいさつ

障害があっても、病気があっても、たとえそれが治らないと分かっていても、住み慣れた地域で暮らしたい。
その思いを大切に、その人の生き方を尊重し、その人らしく人生を全うすることを支えたい。
しかし、現行の医療保険や介護保険のサービスだけでは十分に実現することが出来ません。

在宅ホスピスケアに積極的に取り組んできた白十字訪問看護ステーションの活動を助けるために、これまでも多くのボランティアの方が関わって下さいました。
それらの方が安心して活動できる拠点を確立したい思いからNPO法人を設立しました。

ボランティアを積極的に養成し、活動できる人を増やして行きたい、そして地域でケアを受けている在宅療養者が、その人らしく暮らすための「楽しみ」や、その人生を支える家族の「休息」など、『その人の人生を豊かにするためのお手伝い』をしたい。
それが、私たち白十字在宅ボランティアの会が目指しているものです。

くわしくは、「NPO法人 白十字在宅ボランティアの会ホームページ」をご覧ください。